お手入れ不要で汚れしらずのカーコーティングって知ってる?

Car coating

洗車以外の手入れ不要!コーティングの実力

愛車をいつも美しい状態に保つには、時間とお金をかけるしかないと思っておられる方も多いのではないでしょうか。カーシャンプーやワックスなどは積もり積もれば結構な出費になってしまいます。カーコーティングなら、このような手間や出費を抑えることができ、普段の手入れは洗車だけで済ませることができます。カーコーティングは施工が難しいので専門業者への依頼がお勧めのため、初期投資は自分で施工しやすいワックスがけよりも高くつきます。
しかし、コーティングの主成分はフッ素やポリマー、ガラス繊維といった人工成分のため、塗装面に硬く強力な保護膜を形成することができます。
この保護膜は傷にとても強く、紫外線や酸性雨、汚れもブロックする効果があります。効果の持続期間もワックスに比べて非常に長く、1~3年程度は続きます。また、塗装面が固く滑らかなので、たいていの汚れは洗車するだけで簡単に落とすことが出来ます。
コーティングの最大の魅力は効果の持続期間が長いことですが、車体の光沢・ツヤ出しという点でもワックスより性能が遥かに上です。一度カーコーティングを施してしまうと、普段の手入れは洗車するだけで終了です。余計な手間もお金もかかりません。財布にも環境にも優しいカーコーティングで楽々エコカーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

水に強くする事ができるガラス系

カーコーティングには、色々と選択肢があります。ガラス系やポリマーなど色々と種類があるのですが、前者には水に関する特長があるのです。そもそも自動車は、やはり水濡れとは無関係ではありません。水に濡れることも、大いに考えられるでしょう。雨天日などに車で移動するケースも、多々ありますね。
ところで車に対する水濡れなどは、やはり耐用年数にも影響します。泥水などを浴びてしまえば、それだけ車に対する損傷度合いも高まってしまいます。もちろんマイカーのオーナーとしては、できるだけ車を長く使い続けたいですね。その場合は、上記のガラス系のカーコーティングなどが推奨されます。ガラス系という選択肢には、撥水性に関する大きな特徴があるのです。そのコーティングを施しておくだけでも、だいぶ水に強くなります。人々が着用する衣服などに対して、防水スプレーなどを噴きつける事もあるでしょう。あのスプレー1つで、だいぶ水に強くなるからです。それと同じような効果が、ガラス系のカーコーティングにはあるのですね。
車によっては、使い方次第ではかなりの水濡れも想定されます。それで車の耐用年数が短くなるのも、少し心配ですね。その場合は、ガラス系のカーコーティングが推奨されます。

ガラス系コーティングのメリットと欠点

カーコーティングの種類はポリマー系、フッ素系、ガラス系がありますが、ガラス系コーティングが現在の主流となっています。
ガラス系コーティングはポリマー系やフッ素系に比べて長い期間効果が持続するのと自然な艶が出るので車を綺麗に見せる事が出来るというので大変人気となっています。コーティング膜も硬いので車をしっかり保護してくれてしかも汚れにくいという特徴もあるので洗車の時もすごく楽になります。そのため日常生活の中で車を利用する時にガラス系コーティングをしておくと得られるメリットが多いというわけです。ガラス系コーティングを業者に依頼すると施工費用がかかってしまう点と施工時間がかかってしまうというのが欠点と言えるでしょう。ガラス系コーティングはカーコーティングの中で最も高価なコーティング法だとコーティングが完全に硬化するまで時間がかかってしまい施工時間もかかってしまいます。そのため車を毎日運転する人は代車も用意しなければいけなくなってしまいます。
ガラス系コーティングをすると1年以上効果が持続する事が出来るのでカーコーティングの中で一番良い方法なのですが、欠点もあるので業者に依頼する時はしっかり頭に入れておくようにしましょう。

車のコーティングがしたいけど値段が高いために躊躇っている、そんな方は高品質にも関わらず驚くほど低価格でコーティングの施工をしてくれるコーティング大阪のグッドスピードがお勧めです。どの種類のコーティングでも安く施工してくれる、非常に魅力的な業者ですよ。

CONTENTS